福岡の日銀ツアーは夏休みの自由研究にお勧めです!

西日本経済電子版qBizのスクールに
福岡の日銀ツアーがあったので、申し込みました。

今回は大人が対象のツアーでしたが、
配付資料の中の「お金の話あれこれ」は中学生にも読める内容。
写真撮影が許された展示室には、こんな風に楽しく学べる工夫がしてありました。

昔ながらの体重計がありました。

20130424-001956.jpg

あなたの身体がお札で出来ていたら、
いくらになるでしょう?

 

印刷前のお札の塊がありました。

20130424-002326.jpg

もし印刷されていたら、
いくらだと思いますか?

 

裁断された古いお札を貼り付けた団扇は非売品。

20130424-002050.jpg

古いお札も貴重な資源。
一体、どうするんでしょうね?

 

裁断された古いお札でできたヤフオク!ドーム。

20130424-002121.jpg

ヤフオクに日銀福岡支店が出品するでしょうか?

 

見学記念はあなたの顔の一万円!

20130424-002208.jpg

 展示ルームは写真撮影OKです。

 

営業部のお姉さんが、パネルで説明してくれます。

20130424-001941.jpg

ポスターも分かりやすく作ってあります。

20130424-002016.jpg

手から手へ、心からこころへ。

ちなみに、地下金庫が見学できる
東京の日銀本店の見学はかなり人気のようです。

日銀 見学

で検索すると、

日本銀行の見学・ビデオ貸出サービスのページが見つかります。

日銀本店の見学をした人達がブログに記事を書いているので、
検索したら色々分かると思います。

先ずは、地元の日銀の支店を見学してから、
日銀本店の見学に参加した方が深く理解できると思います。
支店と本店のダブルならば、夏休みの自由研究は鬼に金棒。
バッチリだと思います。

ちなみに、福岡の日銀は、
北九州、熊本に次いで九州で3番目に出来たそうです。

小学生の高学年、そして中学生の夏休みの自由研究に
日銀の見学はオススメです。

大人にも十分楽しめるツアーでした。

20年ほど前に、ワシントンDCで造幣局を見学した時の事を思い出しました。
裁断されたドル札は、袋詰めでお土産用に販売されていました。

ちなみに、
アメリカはミッキーマウスやミニーちゃんのドル札も印刷している国です。

日本でいうならば、福岡のご当地切手として
締め込み姿のキティちゃんを印刷している日本郵便みたいな感じです。

中央銀行も色々ですから、
先ずは地元の日本銀行支店から自由研究をしてみると面白いと思います。

大満足の日銀福岡支店見学会でした。

日銀さん、qBizさん、ありがとう。

 

“福岡の日銀ツアーは夏休みの自由研究にお勧めです!” への2件の返信

コメントを残す