丸の内で見たアクロカントサウルスの全身骨格と恐竜のウンチの化石

先週、上京したついでに丸の内で恐竜展を観ました。

丸の内オアゾには動くフクイサウルスの模型がありました。

"動くフクイサウルスが丸の内オアゾに出現"

丸ビルにはアクロカントサウルスの全身骨格がありました。

"丸ビルのアクロカントサウルスの全身骨格"

ニューヨークの自然史博物館で
T-REXの全身骨格を2回見たことがあります。
どちらも雪の舞う寒い時期でした。


今回、訪れたのは3月21日でしたから、こども連れもちらほら。
ちょっとした大人の春休みという感じで楽しめました。
丸ビルとオアゾを梯子して、スタンプラリーに参加して
エコバッグをもらいました。

"丸の内の恐竜展2012"

iPhone4で写真を撮りましたが、
一番気に入ったのがウンチの化石です。

係のお姉さんが、「触って良いですよ。」と言ってくれたので、
思い切って、運がつくようにタッチ!

"丸の内オアゾで恐竜のウンチの化石にタッチした!"
スマホにタッチするよりもワクワクしました。
丸の内オアゾは隠れたパワースポットです。(^_^)

丸の内の恐竜展は3月29日まででした。

鈴木秀子さんの講演会のメモから

2010年11月に鈴木秀子さんの講演会に行きました。
その時のメモを見返しながら書いています。

東日本大震災が起こる前のメモですが、
今読み返しても心に響いてきます。

御自分の専門は祈る事だとおっしゃっていました。
「息の一つ一つが祈り。」だと。

“鈴木秀子さんの講演会のメモから” の続きを読む

大河ドラマ平清盛に学ぶ人生の目的

すべてにおいて美しくありたい。

源氏を復興したい。

面白く生きたい。

武士の世を作りたい。

痛みを分かち合いたい。

それぞれの思いを胸に生きる人がいるのは、昔も今も同じ。

「何でも良い!」

「何でも良いので、食わせてくれ!」

あの声は最高でした。

力の入れ方、抜き方のメリハリがあるドラマです。

大河ドラマだけではなく、
平清盛を語る童門冬二さんのオーディオブックも面白かったです。

TFさんのステンドグラス展からクリスマスツリーとチャペル@大牟田びりじぁん

TFさんのステンドグラスの作品展が開催中です。
あの燃えあげるクリスマスツリーの横に、今年はチャペルが並んでいます。

クリスマスツリーは光の年の始まりのシンボル。
そしてチャペルは祈りのシンボル。

復興を願う2011年らしいクリスマスの作品です。

"TFさん作のステンドグラス 2011年はクリスマスツリーの横にチャペルが並びました。"

ご覧になりたい方は日没前後、閉店間際にお越し下さい。
場所は大牟田の喫茶工房びりじぁんです。 ググってお探し下さい。