島原は鯉のおよぐまちがある

4月半ば、島原に行ってきました。
湧水を汲むのが第一の目的、日帰り観光が第二の目的でした。

島鉄高速船で島原港に着いて、すぐに観光案内所に寄って、
近くの湧水スポットを教えてもらいました。
バスの時間も教えてもらって、地図通りに歩いて商店街に。
しんわの泉で湧水を汲んで、温泉水を飲みました。
街の真ん中に湧水スポットがあるなんて、驚きでした。

それから商店街を少し歩いて、鯉のおよぐまちでパチリ。

"島原は鯉の泳ぐまち"

商店街の水屋敷では
お庭を眺めながら、かんざらしと湧水の水出し珈琲でほっこり。

"かんざらしと湧水の水出し珈琲@島原の水屋敷"

島原城の天守閣からの眺めも良かったのですが、
最初に訪れた四明荘の日本庭園がとっても綺麗でした。

"湧水のまち島原の四明荘"

湧水に癒された一日でした。

 

九州新幹線が全線開業した今では、
以前に比べると、島原観光のお客様は多くないとのこと。

博多は例年にも増して、
ゴールデンウィーク期間中はどんたくで大賑わいのはず。

マイカーはどこも混雑していると思いますから、
沿線の鹿児島や熊本もお客様が多いと思います。
久留米から久大本線で行ける湯布院や別府もお客様は多いでしょう。

島原はゴールデンウィークの穴場スポットかも知れません。
歩いて市街地を周りながら美味しい湧水をいただけるのが魅力です。
温泉もありますし、無料の足湯のスポットもあります。

湧水館ではかんざらしや六兵衛づくりの体験教室があります。
商店街には美味しい六兵衛や六兵衛饅頭を売っているおばさんがいます。

昨年気になった埋め立て工事

昨年11月に写した写真です。
大きな穴が空いているように見えますよね。

"大きな穴に見えますが"

実は、埋め立て工事の一部です。

"埋め立て工事でした"

「誰がどんな家を建てて住むのかな?」

通りを歩く度に目にしますから、とても気になった冬でした。

 

何故こんな事を書いているのか、あなたは不思議に思うかも。

 

私が今住んでいる所は、40年ほど前に開かれた住宅地です。
昔々は豪族のお墓があったところだったそうですが、
そんな事は知らずに移り住みました。

土地の人は知っているけれど、新住民は知らない事があります。
住んでみてから分かりました。

人生は経験。
不思議なことって少なくありません。
お地蔵さんが沢山あるところは、祈る場所だと思います。

名水百選の島原は鯉の泳ぐまち

先週の土曜日に、日帰りで島原に行ってきました。

島原は日本名水百選の一つです。
市内の至る所に湧水があって、
市街地の一角に鯉の泳ぐまちがあったりします。

"鯉の泳ぐまち島原"

気持ちよさそうに泳ぐ鯉の写真を撮った後で、
最初にふらりと入ったのが四明荘でした。

“名水百選の島原は鯉の泳ぐまち” の続きを読む

丸の内で見たアクロカントサウルスの全身骨格と恐竜のウンチの化石

先週、上京したついでに丸の内で恐竜展を観ました。

丸の内オアゾには動くフクイサウルスの模型がありました。

"動くフクイサウルスが丸の内オアゾに出現"

丸ビルにはアクロカントサウルスの全身骨格がありました。

"丸ビルのアクロカントサウルスの全身骨格"

ニューヨークの自然史博物館で
T-REXの全身骨格を2回見たことがあります。
どちらも雪の舞う寒い時期でした。


今回、訪れたのは3月21日でしたから、こども連れもちらほら。
ちょっとした大人の春休みという感じで楽しめました。
丸ビルとオアゾを梯子して、スタンプラリーに参加して
エコバッグをもらいました。

"丸の内の恐竜展2012"

iPhone4で写真を撮りましたが、
一番気に入ったのがウンチの化石です。

係のお姉さんが、「触って良いですよ。」と言ってくれたので、
思い切って、運がつくようにタッチ!

"丸の内オアゾで恐竜のウンチの化石にタッチした!"
スマホにタッチするよりもワクワクしました。
丸の内オアゾは隠れたパワースポットです。(^_^)

丸の内の恐竜展は3月29日まででした。