ランズエンドの期間限定ショップ

博多阪急1階のメディアステージに、ランズエンドの期間限定ショップがオープンしています。 父の日を挟んで、6月5日から6月18日まで。 人気のポロを中心にメンズ、レディス、キッズともに夏らしい製品が並んでいます。

先日、刺繍を頼んだポロが出来上がる日なので、受け取りに行きました。

今年で創業50周年を迎えるアメリカン・リアル・クローズの老舗ランズエンド。
定番のポロは、2枚で1000円引き、しかも通常ならば300円とか500円の刺繍が無料です。 迷わず母と私のイニシャル入りのポロシャツを作ってもらいました。

カタログに載っているシーズナル・モチーフやポップ・イニシャルは、店頭に置いてある大きなブラザーのミシンでその場で入れてもらえます。

image

通常は500円のアンティーク・イニシャルは、工場への注文となるのでお日にちがかかります。 6日の夕方に頼みましたが、6日後の12日の仕上がりでした。

写真は私用に作ったMサイズのポロです。
綺麗なフューシャ・ピンクにホワイトでイニシャルを入れてもらいました。
ランズエンドではローレル・ブロッサムと呼ばれているピンク色です。

20130612-221817.jpg

上品でカワイイ。 待った甲斐がありました。

今日は帰りの西鉄電車の中で、鮮やかな紫色のトップスを着ている女性を見かけました。

黒と合わせている人を見かけますが、流行っているのかな?

ランズエンドでは、キャベッジ・パープルと呼ばれている色です。

メンズのポロの刺繍は、50周年記念のエンブレムが素敵でした。 888番のカタログの47ページに載っているアンカーとヨットです。
ランズエンドの本社はウィスコンシン州ドッジビルですが、発祥はシカゴですから、太平洋や大西洋じゃなくって、多分、ミシガン湖でしょう。

ウィスコンシンは北欧系やドイツ系の人が多かったので、ちょっと背が高いと思う男性は軽く2メートルを越していました。 ランズエンドの一番大きいサイズでも入らない人がいたので、ビックリしました。

女性も1メートル80センチぐらいの人はざらでしたから、人と喋る時は、いつも上を見上げていました。 大人になってから身長が1センチも伸びたのは、背伸びをした生活をおくっていたカラでしょう。 そんな事を懐かしく思い出した1日でした、

今朝は入道雲が出ていました。
梅雨のはずなんですが、大した雨も降らぬまま、今日も夏日です。

20130612-221201.jpg

暑い夏に嬉しいランズエンドのコットン・メッシュ・ポロです。

創業50周年、おめでとう!

ランズエンド LANDS' END

コメントを残す