令和2年の仲秋の名月

今朝のお月様です。

昨夜は令和2年の仲秋の名月でした。

アプリが教えてくれた今回の満月名はハーベストムーン。

日本では芋名月です。

昨日は栗とサツマイモの玄米ご飯を炊きました。 おこわではありません。 母が玄米が好きなので、Oisixさんから玄米を届けてもらっています。

みどりのカーテンにしている西洋朝顔が、昨日も今日も12輪咲きました。

2日連続ですが、12輪は令和2年の最高数です。

理由が分かりませんでしたが、西の空を見ながら朝顔もお月見していたんですね。

朝顔も
名月愛でる
令和かな。

朝は肌寒いので、ランズエンドの長袖のスウェットシャツを上からすっぽりかぶっています。

今年はサイズダウンでSになりました。

コロナ禍の後は、令和2年7月豪雨、台風9号、台風10号と続きました。 幸い、大きな被害は出ませんでしたが、家屋敷の劣化が一気に進んでしまった事は確かです。 今年は裏山が崩れ始めたので、猪やイタチの被害を受けるようになりました。 修復と対策の日々です。

福岡まで買い物に出る時間も勇気もありません。 宅急便のお兄さんに、食材や衣類までも坂の上の我が家まで届けてもらう日々です。

名月に
癒しを求む
令和かな

日照時間が極端に減ったので、満月も貴重なんですよね。

8月の内にOisixさんに人気NO.1おせち「高砂」を予約しました。 

「無事にお正月が迎えられますように。」

願掛けに近い気持ちです。

人間、食欲があるうちは、まだ大丈夫。

皆様もどうぞご自愛ください。

合掌。

コメントを残す