梅園の干菓子で祝う戌の春

ポカポカ陽気の土曜日です。

久しぶりに窓を開けて、先週の土曜日を振り返って書いています。

2月10日は太宰府まで足を延ばして天満宮に参拝。 九州国立博物館の特別展を観て、その帰りに表参道の梅園さんに寄りました。

店頭のガラスケースには、季節の和菓子と一緒にお雛様が飾ってありました。

太宰府天満宮表参道の梅園

2月10日は雨の土曜日でした。 太宰府天満宮の飛梅もまだ咲いていませんでしたから、可愛らしいパステルカラーのお干菓子を目にして、思わず溜息が出ました。

“梅園の干菓子で祝う戌の春” の続きを読む

王羲之と日本の書展のごあいさつ

2月10日に九州国立博物館の特別展を観てきました。

今回は王羲之と日本の書です。

今回も音声ガイドを借りました。 40代で老眼が来ました。 縦書きであれ、横書きであれ、暗がりで活字を読むのは辛いです。 耳はまだ確かですから、いきおい音声ガイドを借りる事になります。

勿論、できるだけパネルも読んでいます。

王羲之と日本の書のごあいさつ

一番左が日本語のごあいさつですが、一番大きな活字です。

“王羲之と日本の書展のごあいさつ” の続きを読む

麒麟の尻尾と虎林の尻尾

2月10日の土曜日は、太宰府まで足を延ばして九州国立博物館の特別展を観てきました。 いつも通り九博に向かう前に太宰府天満宮に参拝。

何度訪れても、太宰府天満宮は面白い場所です。

手水舎には大きな亀がいるし、右手のポンプ小屋の近くには鹿がいるし、宝物殿に向かう階段の下には鷽(うそ)と麒麟(きりん)がいます。

太宰府天満宮の麒麟像

勿論、すべて作り物です。

“麒麟の尻尾と虎林の尻尾” の続きを読む